メンタルケアが大事
安心して働ける職場を探す

今はストレスが満ち溢れている世の中です。
仕事のストレスでうつ病になったりと精神的な疾患を抱えている人が実にたくさんいます。
こういった人達のほとんどは、就業が困難になり、退職する人しているようです。
心療内科や精神科などで治療を受け、ある程度症状が回復してくれば就業を考える人もいます。しかし一度精神疾患を患ってしまうと、正式な職員としての雇用はなかなか難しくなります。
また精神疾患を患っていた側も、精神疾患を持っているということを知られたくないと隠して就業し、無理して働いた結果治りかけていた精神疾患が悪化するという事態も多いのが現状です。
精神に疾患や障害をもった人達の場合、健康な人たちと同じ様な就業形態で働かせるのは非常に無理があります。
障害や疾患の種類によっても違いはありますが、一つの作業を黙々とすることが困難になるのです。
理解のある職場であれば途中で休憩を挟んだり、違う作業をはさんだりなどと対応もできますが、理解のない職場ではそれが難しいようです。
精神疾患を隠して求人に応募した場合、これらの作業も無理していかなくてはならないので症状はひどくなっていきます。
このような場合は精神障害者向け求人サイトの利用をおすすめします。クローバーナビやアビリティスタッフィングでは、精神障害をもっているということをオープンにして働ける環境の求人が掲載されています。また、精神に障害や疾患をもった人達の労働に関する悩みや相談も受け付けています。
うつ病や統合失調症と診断されたときは、働く場所がなくなったなどと落ち込まないでください。こういったサイトをうまく活用することで、上手に病気と付き合いながら仕事をすることができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です